2006年07月15日

真のリーダーとは

リーダーシップ論なる本はいつの時代も需要が途絶えません。
組織あるところ管理職あり、管理職あるところリーダーシップ論あり。
中国古典や歴史を紐解き、
「そもそもリーダーとは」的な物語はよく聞く話です。
しかし、やはりリーダー本人の口から聞くのが一番です。
そこでしょっぱなは、ローソン社長の新浪剛史氏の言葉を。

「見た目のかっこよさは仕事上、重要ですよ」

今も昔も、社長は役者じゃないといけません。
しかし、今だけの現象を挙げるなら、
やはり一人歩きする社長像の存在です。

情報が勝手に、もの凄いスピードで一人歩き、
増殖を繰り返します。
本人を知らない人間にとってはその増殖された情報、
いわば「噂話」こそが真実となってしまいます。
そうであるからこそ、社長はカッコよくないといけません。
そして、社長像が勝手に一人歩きをして
好き勝手に理解(誤解)されてしまうのが現実なので、
一人歩きされても問題のない格好良さが必要となります。
なかなか面白いですね。
「将軍たるものカッコよくあれ!」とのこと(笑)
posted by top at 21:13| Comment(0) | TrackBack(2) | リーダーの条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。